ベジママで多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は改善する?

MENU

ベジママで多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は改善する?

ベジママはピニトールという成分で体質改善をすることができます。

 

多嚢胞性卵巣症候群は原因がよくわからないことも多いのですが、ピニトールを摂取することで改善している方も多いのでぜひ試して欲しいものです。

 

 

多嚢胞性卵巣症候群とピニトールの関係は?

 

多嚢胞性卵巣症候群は実は病院で検査しても原因がはっきりしないことも多い症状です。

 

主にホルモンバランスの乱れが原因とされていますが、医師は体質改善をすすめるケースが多いのです。

 

無排卵、月経異常などの症状がみられるようになりますが、排卵誘発剤やホルモン剤の投与、場合によっては卵巣の手術をする場合があります。
また肥満が原因の場合は食事療法やインスリン改善薬で血糖値を下げることも。

 

これに合わせて今注目されているのがピニトールの摂取です。

 

ピニトールは体内に入るとカイロイノシトールに変化して血糖値を下げてくれる効果があります。また生活習慣病の予防にもなるのでおすすめです。

 

アイスプラントや大豆に含まれているものですが、食事だけでは摂取が難しいものなのでベジママのようなサプリが効率よく摂取できていいでしょう。

 

多嚢胞性卵巣症候群の予防法は?

 

残念ながら多嚢胞性卵巣症候群は確実な予防法というのがまだありません

 

そのため人によっては体質改善のために漢方薬治療をする方もいますし、肥満治療だけで改善したという方もいます。

 

もちろん普段から食生活の改善することも大切ですので食物繊維やデトックス効果が高い食べ物を食べていくのもいいでしょう。

 

運動、食生活、睡眠のバランスに気を付けるのも大事ですが、多嚢胞性卵巣症候群はやはり早期発見が大事と言えます。

 

体調不良に気づいたら放置せずになるべく早めに医師に相談、検査を受けてください。

 

自己判断で自己流の治療を行っても改善しないケースが多いからです。
多嚢胞性卵巣症候群になってもその後の治療次第では妊娠できる方も多いので諦める必要はありません。

 

体質改善には時間がかかります。マカや普通の葉酸でも一定の効果はありますが、半年服用しても効果が出ない場合はベジママを試してみるのをおすすめします。

 

もちろんベジママも最低でも3か月はしないと効果はわからないものですが試してみる価値はあるでしょう。