多嚢胞性卵巣症候群をピニトールで改善!

MENU

多嚢胞性卵巣症候群をピニトールで改善!

mamanic

 

ピニトールって何?どのように摂取したら良いの?

 

ピニトールはイノシトールという水溶性ビタミンの一種で血糖値を下げる効果があります。
植物から抽出される成分なので副作用もなく、安心して使用できるため人気の成分です。

 

一部の漢方薬局でも取り扱いがありますが、毎回処方箋を書いてもらうのも手間とコストがかかります。
そのためサプリメントを活用するのが妊活女性に人気となっています。

 

自宅で手軽に好きな時間に摂取できるのは忙しい女性にとってありがたいと思います。
体調が悪くて病院に行けないこともあるでしょう。

 

食事でとればいいのでは、と思う方もいるかもしれませんが、ピニトール1日300mgを食事からとるためには実に豆乳約800ml、大豆約500粒、ルイボスティー約100杯も必要となってしまうのです。
こんなに大量に摂取するのももちろん不可能です。

 

しかも豆乳はコップ1杯程度を飲むのはいいのですが、過剰に飲んでしまうと逆に体調不良の原因となってしまうので注意が必要な食材です。
そのためどんなにいい成分であって焦って過剰摂取はいけません。

 

多嚢胞性卵巣症候群は血糖値を下げるのが重要!

 

mamanic

血糖値を下げるのがなぜ重要かというと、肥満が不妊症の原因の実に12%を占めているからです。

 

肥満が原因で必要以上に脂肪細胞が増えてしまうとそれに伴ってエストロゲンという女性ホルモンも増えすぎてしまいます
まったくないのも困りますが、ありすぎても生理不順になるのです。

 

つまりはピルと似たような働きが肥満によってずっと続いてしまい、無排卵の状態になってしまうというと理解しやすいと思います。

 

ピニトールを利用して体質改善していきましょう!

 

ピニトールを利用して肥満防止をすることで正常な排卵を促すことができます。

 

要するに体質改善のお手伝いをしてくれると考えればいいと思います。

 

妊活に伴ってなかなか上手に妊娠できないストレス運動不足でついつい食べすぎてしまう女性も多いでしょう。

 

mamanic

 

気持ちはわかりますが、不妊症の改善には体重管理も大事なのでぜひ積極的に取り組みたいものです。
たまには甘いものを食べたいこともあるでしょうし、上手にサプリメントを飲むことで肥満、高血糖を予防して楽しく妊活しましょう。